Loading

みんなで救おう、日本の野菜。

ご縁野菜は「規格に合わないだけでまだ食べられるのに廃棄されていく野菜達」を
人の繋がりを通して救うことが出来るプラットホームです。

これらの野菜達は、形が大きくても小さくても良しとされず、
社会の仕組みに合わないという理由のみで、
店頭に並ぶこともなく廃棄・処分されています。

人の繋がりを通して必要としている人にこれらの野菜達を届ける。
そんな思いでご縁野菜をはじめました。

ご縁野菜に込めた想い

人と人との「ご縁」を通じて市場に出回らず廃棄・処分されてしまう野菜達を救いたい、そんな思いを込めて「ご縁野菜」と名付けました。

自然を相手にする生産者が、自然災害や業者の都合、規格に合わないなどの理由で大量に廃棄・処分せざるを得ないときに、人の繋がりを通して救うことが出来るこのサービスをはじめました。

ご縁野菜の始まり
コンセプト

ご縁を貰う(購入する)、ご縁を繋げる(シェアする)ことで「もったいない」という優しい気持ちを具体的な行動に繋がる場を創造します。”世の中の誰か”ではなく自分自身の行動が困っている生産者の為になります。
また、ご縁野菜を通して、普段知る由も無い廃棄野菜や食品ロスの問題を再認識してもらうきっかけになればと思っています。

乞うご期待(準備中)
ご縁野菜メンバー

・日本の農業界に一石投じれること
・困っている生産者を助けられること
・モッタイナイを生み出した国として恥じないこと
ご縁野菜の仲間達も「人と人とのご縁」によって集まってきた人達です。最初は個人の活動でしたが、多種多様なバックグラウンドを持ったメンバーが、共感して集まってくれています。

詳しく